niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

凹村戦争(おうそんせんそう)

凹村戦争(おうそんせんそう) (Jコレクション)凹村戦争(おうそんせんそう) (Jコレクション)
(2004/03/24)
西島 大介

商品詳細を見る


 山に囲まれ、携帯電話もラジオの電波も届かない、隔離された場所、凹村。
 そんな僻地で育った主人公・アルは、何も起こらない平穏で平坦な毎日に飽いていた。
 そして、ある時思った。

「この平和な村がどうにかなっちゃえばいい」

 直後、空からナニカが村に降ってきた。
 これで何かが始まって、何かが変わる、と期待するアルだったが、村は至って平穏で――。

 これは、平凡な日常を嫌い、いつか起こる非日常を期待する若人に送られた、とても残酷で優しいSF。




 私はこれを読むと、なぜか穏やかな気持ちになれます。平凡な日常、ばんざい。
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/374-a9241e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad