FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

神様のパズル

神様のパズル (ハルキ文庫)神様のパズル (ハルキ文庫)
(2006/05)
機本 伸司

商品詳細を見る


 主人公の男子大学生、綿貫基一はゼミの教授から、「天才児で若干16歳でこの大学に飛び級入学したものの、現在不登校中」という女子学生、穂瑞沙羅華をこのゼミに参加させるよう依頼される。
 一度目の会見では、けんもほろろ、という結果だったが、二度目の会見時、同行していた大学の聴講生、橋爪老人からの質問、

「宇宙は«無»から生まれた。すると人間にも作れるんですか?」

 ――という質問に興味を惹かれ、次の日ゼミに参加すると、「宇宙の作り方」をゼミの研究テーマとして発表したのだ!
 穂瑞の強引な話術により助手をさせられる羽目になった綿貫。はたして二人は、宇宙が作れることを立証できるのか――?

 宇宙物理学と青春ドラマが見事に調和した、SFエンターテインメント小説。第三回小松左京賞受賞作。




 SF→サイエンス・フィクション→空想科学小説。
 帯にもあるとおり、映画化されています。↓

神様のパズル [DVD]神様のパズル [DVD]
(2008/11/21)
市原隼人谷村美月

商品詳細を見る


 監督は三池崇史。チョイ役でフットボールアワーの岩尾と小島よしおが出ています。
 基本は原作通り「宇宙の作り方」がメインですが、主人公がちょっとワル系になっていたり鮨屋でアルバイトをしていたり音楽活動をしていたり弟がいてインドへ旅行に行ったり、原作で死ななかった人が映画では死んだり逆に原作で死ぬ人が死ななかったり、と中身の半分以上が映画オリジナルです。演出も原作より大げさになっていまして、SFドラマ→青春ドラマ→SFパニック、と話が目まぐるしく展開されていくのですが、原作者が大の映画好きなので、そこは問題ないのかもしれません。
 ただ、やっぱり映画の方が宇宙物理学の基礎の説明がより視覚的に図式化されていて、原作よりも理解しやすかったですね。馬鹿馬鹿しい比喩も面白かったので、ぜひ理科や物理を学ぶ中学生・高校生たちに薦めたい作品です。
スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/325-4e9b0134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

市原隼人 谷村美月 / 神様のパズル

ワケもなく不審者 どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのペ・ドゥナ担当、ブロッケンです。 三池崇史監督の映画『神様のパズ...

  • 2010/01/09(土) 12:44:27 |
  • 中川ホメオパシー 

FC2Ad