風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

絶望したっ!!

さよなら絶望先生 第15集 (15) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第15集 (15) (少年マガジンコミックス)
(2008/10/17)
久米田 康治

商品詳細を見る


「余は如何にして真人間になりし乎」
TPO。
確かに創作ではTPOをわきまえない展開の方が盛り上がったり人気が出たりしますよね。
でも現実は(以下略)…。

「恥と卵」
ゲッペルドンガー。
私の場合、一日一回はゲッペルさんが必ず表に出ます。
俺、何でこんなことしているんだろう、って……。
このウェブログを書いている時にも出ました。(T__T)

「六月の崩袈裟固め」
雨降って地陥没。
現在進行形の共通の敵って、やっぱり経済危機ですかね。
世界制服を企む悪の組織なんて現実的ではないし、テロリストだって狙う相手はグループによって違いますし。
あとは後世まで影響が残る核兵器の問題や環境汚染の問題ですかね。

「ククリなき命を」
主語がデカい人。
いますよね。個人の主張を全体の意思と勝手に拡大解釈して世間に伝える人って。
全米が泣いた、とかの単位がやたら大きいキャッチフレーズって、確かに胡散臭い。欧米の感覚と日本の感覚、個人各々の感覚にも、共有できるときとできないときがあるから迂闊に信じると時間と金の無駄になります。映画とか小説とか、やたら単位がデカいキャッチフレーズが踊っていたら要注意。
ボーダーレスな作品もクークルのに大変です。図書館の蔵書やレンタルビデオ、音楽も分類番号が細分化されていますから、ライトノベルかミステリか、サスペンスかホラーか、個人の認識や先入観もありますから、分類する側は大いに迷うことがあります。特に図書館は館によって同じ図書、またはシリーズがそれぞれ別の分類番号になっていることがあります。

「祝系図」
粛日。
現在原油価格は下がる傾向にありますけど、未だに株価も下落、円高、金融危機で、まだ当分は粛日モードでしょうねぇ。

「いた子さんと兎」
代弁。
自分の言葉をそのまま伝えるより、誰かの名言として伝えた方がより重みがある。
これもまた真実。
人間って、肩書きに弱いものです。

「てりやき狂言」
本格。
ライトノベルの本格派ミステリーって、ズバリ、富士見ミステリー文庫のことですよね?

「失われたオチを求めて」
絶滅危惧種。
廃れたジャンルを未だに続けている同人誌サークルは確かに絶滅危惧種ですよね。
コミックマーケット準備会の方で保護してあげてください。

「暗中問答」
ネタかぶり。
ゴルゴや亀有公園前派出所なんて、時事ネタを取り扱ってなきゃあんなに長期連載はできないでしょうね。

「予言省告示」
予言。
ノストラダムスの大予言の著者は、今どこでどうしているだろう?
週刊現代'080119号に今年の予測特集が載っています。
下半期のウェブログのネタに保管していたんですが、コミックスを読むまで忘れていました。
#19-9月13日にマグニチュード8-6の東海大地震が起きる。
→起きませんでした。
#23-なんでもアリ中国の北京五輪は開催中止!?
→確かに清濁なんでもアリでしたが最後まで開催されました。
週刊誌の新年号はとりあえず保管しておくと、あとあとネタにできますよ。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/28-44c5dab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad