FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]
(2008/12/04)
サイモン・ペッグニック・フロスト

商品詳細を見る


ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2005/12/23)
サイモン・ペグケイト・アシュフィールド

商品詳細を見る


 ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]のスタッフが送る痛快ポリス・ムービー!

 主人公の警官エンジェルは文武両道で超堅物で検挙率常にトップのスーパーポリス。しかし出る杭は打たれるもの。その完璧さを上層部を含める全署員に煙たがられて田舎に左遷されてしまった。
 左遷先の田舎でも法令を遵守し、到着早々、パブで飲酒していた未成年の若者達+酔払い運転で接触事故を起こした男を留置する。しかし次の日、留置所はもぬけの殻。若者達の行方は分からないものの、飲酒運転の男ダニーは署長の息子だった。嫌々ながらも彼とコンビを組むエンジェル。最初は以前まで勤めていたロンドンと違うおおらかな村のムードにエンジェルは不協和音を感じていたが、次第にそれをダニーと共に楽しむようになっていく。
 そんな時に自動車事故が起きる。村の医者は事件性を否定したが、立て続けに死亡事故が続発し、エンジェルは独自に捜査を始める。そしてこれらの事故が作為的なものであることを突き止めるのだが、真相は彼の想像をはるかに超えるものだった――。

 本筋のポリスをはじめ、ウェスタンバイオレンスハードボイルドカーヒーロー、というアクション要素にホラーコメディの要素まで加えて製作したという、何とも闇鍋的な映画。それでいて闇鍋のように混沌とすることなく整然とした判りやすいストーリーとなっているのだから凄い。相手もちゃんと実態や背景があるし、主人公も模範的警察官として決して進んで相手を射殺しない。最後まで不殺を貫くのだ。これはすぐに相手を射殺する傾向にある米製のアクション映画を皮肉る意図があるのだろう。
 残念なのは「元ネタが全く分からない」ということ。元ネタが判れば何倍もこの映画は楽しめるのだが。
 でも元ネタが判らなくても、充分面白かったですよ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/239-30afea44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad