FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

アダルトゲームやアニメ「禁止」→「表現の自由を侵す」と反発

アダルトゲームやアニメ「禁止」→「表現の自由を侵す」と反発

児童ポルノ法の改正を巡って、アダルト向けアニメ・マンガ・ゲームも規制の対象とするべきだとする動きがでている。これに対し「表現の自由を侵す」といった反発も強い。
■性的描写のあるアニメ・漫画・ゲームは「準児童ポルノ」か。

 誤解を恐れずに主張いたします。
 幼児はともかく、未成年に性的興味を抱くのはまだ健全の領域ではないか、と思います。確かに少女愛(ロリコン)は倒錯的な感情ですが、一日に一度は必ず未成年とすれ違うゆえに誰しもが一度は抱く欲情であり、個人のプライバシーや人権を侵さない程度に発散できていれば良いのではないかと思います。むしろ、その欲情をうまく処理できないと、爆発させて性犯罪に走ったりペドフィリア(小児性愛)に陥ったりする可能性があります。日々未成年と触れ合っている教職の方々の中には、「理性と欲望との戦いが毎日続いている」と本音を漏らす方がいらっしゃいました。
 ちなみにあるアンケートで、少女に欲情を感じた場合の気持ちの処理について、回答者の72%が雑誌やマンガやゲーム、12%が「成人女性」や「風俗店」で処理している、答えたそうです。
 規制賛成者の方々は、どうか、「不愉快だから」という感情論ではなく、理性的・論理的な判断をしていただきたいものです。または規制するならば、欲情を昇華させることができる別のガスの抜き方も同時に考えていただきたいです。
スポンサーサイト

テーマ:性犯罪・わいせつ事件 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/225-cc04b193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad