FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

後期中絶クリニックの医師、教会で殺害される 米カンザス州

後期中絶クリニックの医師、教会で殺害される 米カンザス州
中絶医、射殺される=大統領は怒り表明-米カンザス州
米、中絶実施の産婦人科医を射殺 51歳の男を拘束
妊娠後期女性も中絶していた医師、教会で射殺される
中絶医殺害の男を訴追 米西部、背後関係を捜査

【ニューヨーク31日共同】米中西部カンザス州ウィチタの教会で31日、妊娠後期の中絶手術を実施するなどして中絶反対グループから強く批判されてきた産婦人科医、ジョージ・ティラー氏(67)が日曜礼拝の最中、男に銃で頭を撃たれ死亡した。男(51)は逃走したが、約3時間後に警察当局に身柄を拘束された。

 中絶の権利をめぐる議論は米国を二分する政治・社会問題。男の動機は不明だが、事件は政治的な意見の対立によるテロと受け止められている。中絶の権利や胚性幹細胞(ES細胞)の研究を容認するオバマ大統領の就任で中絶反対派が強い危機感を抱いていることが背景にあるとみられる。
(「47ニュース」より)

殺害されたのはジョージ・ティラー氏(67)。妊娠後期の中絶を行う米国では数少ない医師の一人で、1980年代半ばに同氏の医院が爆弾で爆破されたほか、93年には銃撃を受けて両腕を負傷するなど、中絶反対派の標的となっていた。
(「時事ドットコム」より)



米国は憲法に政教分離を謳っているのに、これがなぜ一部の過激なキリスト教原理主義者によるテロ行為と言われないのだろう?
スポンサーサイト

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/210-3c0936dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad