FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

キッチン・アーム(家庭製兵器)

grenade_01.jpg

手榴弾。

 映画やドラマでよく見る手榴弾の爆発シーンでは、爆発音と共に火と煙が上がり、敵は吹き飛んで地面に倒れこむ。
 しかしこれは現実には有り得ない。本来手榴弾とは、内部の炸薬が爆発して手榴弾自体をバラバラに吹き飛ばし、その破片が対象に襲い掛かるのだ。
 粉々になりやすいもの――例えば大きなビンに多量のドライアイスと液体を入れて振り、目標地点に投げ入れる。振られたビンの中では大量の炭酸ガスが発生し、圧力に耐え切れなくなったビンは破裂。目標にビンの破片が襲い掛かる。
 手榴弾は家庭で作れるのだ。くわばらくわばら。
スポンサーサイト



テーマ:真剣に考えてみた - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/199-d10daac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)