FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

【ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版】&【天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版】

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
(2005/09/01)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版
(2006/12)
ダン ブラウン

商品詳細を見る


来月05/15に公開される映画『天使と悪魔』
前作『ダ・ヴィンチ・コード』同様、映像では絵画や美術品、建造物などをじっくりと観る暇はないだろう。かといって原作を読んでも、紹介される美術品がどのようなものか、全然、全く、ちっとも見当も想像もつかない。美術書片手じゃあ重くて大きくて高価で不便だ。それじゃあちぃとも面白くない。
上記の二冊は通常版よりも値は張るが美術書よりは安価で、図版や写真がカラーで豊富に載っており、しかも最後のページに参照程度に載っているのではなく、名称が出た所と同じページ、またはその前後のページに大きく掲載されている。例えば『ダ・ヴィンチ・コード』では、「最後の晩餐」は次のページで2ページ丸々、つまりは見開きで掲載されているのだ。美術書なんていらないです。

せっかくのゴールデン・ウィーク、図書館でこの二冊を借りて、ロバート・ラングドンと共に芸術とサスペンスの世界にヴァーチャル・トリップしてみませんか?
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント

No title

わわ、詳しい説明ありがとうございます!
かなりハラハラドキドキしそうですね
なんだか、すごく興味を持ちました!ありがとうございます!

  • 2009/04/30(木) 23:55:56 |
  • URL |
  • ネモ #LEUra8kw
  • [ 編集 ]

Re: No title

> 欲しくても買えない本は、いつも図書館待ちです
> 天使と悪魔ってどんな話なんだろ~
> ダヴィンチコード見たのずいぶん前なんでうろ覚え・・・

 スイスの「CERN(欧州原子核研究機構)」内にて科学者が殺され、実験で生成された「反物質」が盗まれた。被害者の胸には16世紀の科学者団体「イルミナティ」の焼印が押されており、やがて「反物質」は「コンクラーベ(次期教皇選挙会)」が催されている「ヴァチカン市国」にあることが判明する。
 「反物質」は空気を含めたあらゆる元素と接触させてはならない。もし接触すれば「対消滅」と呼ばれる爆発を起こす。その規模は、反物質1.0gに対し、広島に投下された20ktの核爆弾に相当する。盗まれた量は1/4g。とはいえ、対消滅させれば5ktぶんの爆発エネルギーが生じる。爆破テロを起こすには充分すぎるほどだ。
 「イルミナティ」は当時、ローマ・カトリック教会から過酷な迫害を受けていた。その「イルミナティ」の亡霊が、意図返しにテロを企てているのか。しかし「イルミナティ」の本質は「科学的探求」であって過激なテロリスト集団ではない。CERNに半ば強制的に連れて来られ、事情を説明されたロバート・ラングドンは、「本当にイルミナティが事件を起こしているのか」という疑念を抱きつつも、厳戒中のヴァチカン市国へと向かう。そしてヴァチカンでは、次期教皇候補である枢機卿4人がいずれも行方不明になっていた――。

タイムリミット・サスペンス。様々な出来事が間断なく起きます。宗教と科学、どちらも詳しくなくても安心して読める作品です。

  • 2009/04/30(木) 20:07:19 |
  • URL |
  • public-enemy #-
  • [ 編集 ]

No title

欲しくても買えない本は、いつも図書館待ちです
天使と悪魔ってどんな話なんだろ~
ダヴィンチコード見たのずいぶん前なんでうろ覚え・・・

  • 2009/04/29(水) 22:46:24 |
  • URL |
  • ネモ #LEUra8kw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/181-51afaea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad