FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

黄昏の囁き

黄昏の囁き (講談社文庫)黄昏の囁き (講談社文庫)
(2001/05)
綾辻 行人

商品詳細を見る


兄の死の一報を聞いて帰郷した主人公。諸事情により捜査は早々に打ち切られ、両親も事件のことでは口を閉ざす。不審に思い独自に事件を追い始めた主人公だが、訪ねた兄の幼馴染達は事件直前の兄の言動に関して、異常なほど挙動不審だった。そして第二の殺人が。
狂気を揺り動かすのは楽隊(じんた)の調べ――。

怪電話。
手渡される銀貨。
子供の遊び。
丸く切り取られた過去。
夕暮れに響く、微妙に音程の狂った演奏。

「囁き」シリーズの三作目。同様に既刊との繋がりはありません。文庫のカバーに使われているのは人形ですが、ノベルスのカバーに使われているのは「きたのじゅんこ」さんの絵。とても素晴らしい絵なので古書でノベルスを探してみてもいいかも。
今回のキーワードは「BOX IN BOX」
詳細は――秘密です。
スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/173-c1976cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)