FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

空想科学大戦 (3)

空想科学大戦 (3) (空想科学文庫 (08))空想科学大戦 (3) (空想科学文庫 (08))
(2004/05)
柳田 理科雄筆吉 純一郎

商品詳細を見る


『空想科学大戦』シリーズの中では一番面白い作品でした。
一作目→「巨大ヒーロー対巨大怪獣」
二作目→「変身ヒーロー対怪人」
三作目→「巨大ロボット」
四作目→「1~3のヒーローたちが様々な危機に挑む」
五作目→「宇宙で最終決戦」
このようなラインナップでしたが、私は三作目が一番好きでした。
ロボットに人が乗り込むのに、まず一苦労。ロボットを立たせて歩かせることにも一苦労。各関節を素早く操作するのにも一苦労するのだから、様々な武器やギミックを組み込むなど、もう先のまだ先。
相手側は上半身人型のブルドーザー(速度を上げると転倒必至)八本脚の蜘蛛型(安定した歩行ができる)子供の落書きだけど完璧な人型(バランス最悪で転倒必至だけど、量産してジェンガで行進することで解決)→???(続く)、とバラエティに富んでいるうえにロボット工学と人間工学の二つを学ぶことができてしまう。

このシリーズ、漫画なので子供にも薦めることができるかも?
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/156-8dd5b647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad