FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

ラヴクラフト全集(1)





①インスマスの影
好奇心から怪奇な伝承が伝わる街を訪れてみたわたしは、そこで恐ろしい話を聞かされて――。

②壁の中の鼠
かつて陰惨な事件が起きた館を引き取り改修した、その犯人の子孫に当たるわたし。飼い猫がしきりに壁の奥を気にすることから、息子の友人らと共に探索に出かけると――。

③死体安置所にて
葬儀屋だった男が仕事を畳むことになった、ある災難とは――?

④闇に囁くもの
洪水が発生した地で見つかった奇妙な生物の死骸。それについての寄稿文を書いたわたしに手紙が届く。写真やレコードなどの資料と共に手紙をやり取りしていたが、手紙の主はやがて身の危険を訴えるようになり――。

以下、所々ネタバレありです。


①インスマスの影
【クトゥルフ、コラジン、ダゴン、ハイドラ】
深きもの(深海のもの)深きものの交雑種
終盤で回収される伏線とメリーバッドなエンドに、普通のホラーにはない哀愁を感じた。異形を単なる敵やモンスターとして描写しない点がラヴクラフトらしさ。

②壁の中の鼠
【ニャルラトホテプ(野獣 / 気の狂ったのっぺらぼうの神)】
《ネズミ人間、人食い鼠
這い寄る混沌の名が出ることから、これも神話の一端になるのか。終盤、流れで一気に読み終えると、その不条理な結末に二度読みしてしまった。

③死体安置所にて
【】
《》
世にも奇妙な物語的というか、典型的な因果応報譚というか、ブラックユーモアな感がある。

④闇に囁くもの
【ヨグ=ソトース、クトゥルフ、ツァトゥグア、ニャルラトホテプ、アザトース、ハスター(ハストゥル)、シュブ=ニグラス、イグ】
ミ=ゴ(イアン)(マイ=ゴゥ)、マグナム・インノミナンダム(名状しがたきもの)、ドールズ(ドウルズ)、百万の恵まれたるもの》
後年の作品なので、名前だけだが神話生物が多数登場する。手紙のやり取りだけで読む者に恐怖をじわじわと感じさせる手法はさすが。
そして最後の一文にはゾクリとさせられた。手紙の主ははたしてどうなったのか。
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1482-d1326b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)