FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

波の音に混じって

 帰宅する時は音楽を聴きながら帰っているのだが、当時は自然音、波の音や鳥のさえずり水のせせらぎといったものの詰め合わせを聴いていた。そして帰りの電車の中では、自然音を聴きながら本を読んでいた。

 その時、鞄に入れていたのは実話怪談本だった。
 波の音を聴きながら本を読み進めていて、ふと違和感を感じた。
 読むを止めて神経を集中させると、明らかに波の音ではない音が、イヤフォンから聞こえてくる。
 虫の羽音のような、ゔゔゔゔゔ、という音。
 何度も聴いていたが、こんな音は聞いたことがない。イヤフォンを外すと音は聞こえなくなる。
 まあ意識していなかっただけで、元から入っていたのかな。
 そう思い、読書を再開したのだが、耳障りな音は続く。
 いや、少しずつ大きくなっていっている。

 ゔぉゔぉゔぉゔぉゔぉゔぉゔぉゔぉ

 途中から、プレーヤーを止めて読書を続けた。
 次の日、別の本を読みながら自然音を聴いていたが、波の音の下りで変な音が聞こえることはなかった。
 今は、EDMの詰め合わせを聴いている。実話怪談本も変わることなく愛読している。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1466-cf6ed8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad