FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

変態村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

変態村【Blu-ray】 [ ローラン・リュカ ]
価格:4100円(税込、送料無料) (2018/7/22時点)




 流しのシンガーであるマルク。次の興行先へ移動している途中で車が故障してしまい、犬を探している男の案内で寂れたペンションに泊まることに。
 翌日、マルクが散歩をしていると村人たちの変態行為を目撃してしまう。ペンションの主であるバルテルも様子がおかしく、一方的に逃げた女房のことを話すばかり。更に翌日、バルテルに車を燃やされ、マルクは監禁されてしまう。
 マルクはこの異常な"変態村"から逃げ出すことができるのか?


 原題が『Calvariae (髑髏)』。『Calvariae Locus』だと「ゴルゴダの丘」のことらしい。邦題が原題と全く違うんだけど、でも邦題が凄くしっくりくる。
 幽霊は出てこない。殺人鬼も出てこない。村人も別に嬉々として殺人をするわけでもない。ただ異常で非常識なだけだ。
 地図を見れば、ヨーロッパ大陸は広い。深い森もあれば険しい山もある。いやヨーロッパでなくとも、知名度が低くて詳細を知っている人がほぼおらず、旅人が行方不明になっても誰も気づかない場所があるのではないか。そう思わせるような映画。
 コレを観たら、きっと個人旅行をするのが怖くなる。かも。
スポンサーサイト



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1444-3f0c9841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)