niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection18「蛍火」~心を癒す怪談集 II~

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection18「蛍火」~心を癒す怪談集 II~稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection18「蛍火」~心を癒す怪談集 II~
稲川淳二

アドニス・スクウェア
売り上げランキング : 3836

Amazonで詳しく見る by AZlink


 怪談は怖い話ばかりじゃありません。民話の飴買い幽霊のように、心にしみるような良い怪談もたくさんあるんです。
 情緒に満ちた、趣のある怪談集。

●トマト畑(2009)
青臭くてみずみずしい、短編の青春小説のようなお話。
こんな経験、なかなかできないでしょうねぇ。

●宿り霊(2015)
裏切った男と裏切られた女。何とも痛ましいお話です。
恐怖と悲哀が同居した怪談なんですが、語られなかったその後が気になります。二人はその後、どうなったんでしょうねぇ。

●身代わり人形(2000)
戦時中の話なんですが、似たようなことは戦時中だけでなく、昔から今までいくつもありますよねぇ。
子供を持つ親御さんにぜひ聞いてほしいお話です。

●五月人形の思い出(1997)
これも子供を持つ親御さんに、特にお父さんに聞いてほしいお話です、
偶々よく似た人に出会した偶然かもしれませんが、それを言っちゃあ野暮ですね。

●津軽平野(2014)
序盤に開示された謎の答えが最後に明かされる、ちょっとしたミステリーのようなお話です。
怖いんですが、真相が明かされた時、冥福を祈る気持ちでいっぱいになると思います。

●蛍火(2007)
ノスタルジックで、稲川さんの話芸がとても素晴らしい。
私、最初にこの話を聞いた時、涙が出そうになりました。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1398-6a529ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad