niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ep05-01

 ……。
 …………。
 ………………。
 ………………んむ。
 頭の上から……音楽が……。
 これは……ペール・ギュントの……「朝」だ。
 ……ってことは……朝……か……。
 私はうっすらと目を開けた。
 確か、ベッドに横になったあと、寒さで起きて、ちゃんと化粧を落として、着替えて、布団をかぶって。よし、美容に悪いことはしていないな。
「皆様、お早うございます。間もなく、朝食の用意が整いますので、お早めに食堂にお出でください」
 枕元から黒川さんの声が聞こえてきた。
 体を起こして外を見る。今日も荒れ模様だ。
 冷水で顔を洗って目を覚まし、支度をして裕子の所へ向かった。
「裕子ー、起きてるー?」
 ドアをノックしたが返事はない。呼び出そうとして携帯電話を開いたのだが。
「あれ?」
 圏外だ。昨日はちゃんと使えたんだけどな。上下左右前後に携帯電話を動かしてみたり窓に近づけたりしたが、電波状況は回復しない。首を捻っていると、裕子が眠い目を擦りながら出てきた。
「……おはよー。何ばたばたしてんの?」
「おはよー。いやね、あんたを起こそうと思ってケータイを開けたらさ、圏外になっているんだよねー」
「ええーっ!?」
 即座に部屋に戻る裕子。直後、
「ギャーッ!!」
 裕子の悲鳴が聞こえた。そして、
「どうしよどうしよどうしよどうしよ!」
 ひどく狼狽した状態の裕子が飛び出てきた。そのまま、どうしよ、どうしよ、と呟くばかり。明らかにケータイ依存による禁断症状だ。
「ま――まあ、とりあえず着替えてさ、朝ごはんを食べようよ。ね?」
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/139-868b3ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad