niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

QED 竹取伝説

QED 竹取伝説 (講談社ノベルス)QED 竹取伝説 (講談社ノベルス)
高田 崇史

講談社
売り上げランキング : 1124243

Amazonで詳しく見る by AZlink


 なぜ輝夜姫は竹の中から登場したのか。
 なぜ竹林から金が出たのか。
 なぜ五人の求婚者は全くの創作ではないのか。
 なぜ『竹取物語』なのか。
 そして、『輝夜姫』とは誰なのか。
 全ての疑問が解かれた時、『竹取物語』は悲哀の人生を辿った輝夜姫の鎮魂の物語となる――!


 古典だからこそ、作者の意図、そして時代背景を深く読むことが大事だということがわかります。
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1376-a984997e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad