niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

結物語

結物語 (講談社BOX)結物語 (講談社BOX)
西尾 維新,VOFAN

講談社
売り上げランキング : 190

Amazonで詳しく見る by AZlink


“阿良々木くん、お元気ですか?
今日、私は十六本目の国境を消しました。”


 警察官となり、直江津署で働きはじめた阿良々木暦。
 その直江津署だけでなく、日本の公的機関全てが浮足立つ事態が発生した。
 海外に渡り、世界中からその言動と動向を注目され続けている彼女が、日本に帰ってくるというのだ。
 彼女と再会した時、暦が伝えた“悪いこと”とは――

永遠に この恋心は ほどけない



 阿良々木暦を主軸に、月日を経て成長し、それぞれの道を歩んでいる関係者たちを描いた4編を収録した最新刊。月日を経て変わった所もあれば変わらない所もあり、「成長するってこういうことなのかな」って思ってみたり。高校を卒業して以降没交渉だった同窓生と再会したような読後感が。
 あと警察官として行動する阿良々木さんの服装のイメージが、どうしても『踊る大捜査線』の青島さんになってしまうのはなぜだ。若さとか青春とか青臭さとかからだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1372-01ba59ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad