niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

撫物語

撫物語 (講談社BOX)撫物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2016-07-28
売り上げランキング : 27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


《表のあらすじ》
“夢を追ってひたむきに努力とか、そんな恥ずかしいことしないでよ、恥ずかしい”
かつて神様だった少女・千石撫子。
夢を追い、現実に追いつめられる彼女は
式神童女・斧乃木余接の力を借りて、分身をつくることに成功する。
しかし4人の「撫子」達は、ばらばらに逃げ出してしまい……?

自分さえ、手に負えないのが、青春だ。

以下、裏のあらすじと感想。


《裏のあらすじ》
 神の座から下りた後、学校に行かず、引きこもって漫画の練習ばかりしてきた千石撫子。そんな娘に、甘やかしてばかりだった親がついにタイムリミットを設けた。「いつまでもそんな馬鹿なことをやっていないで、中学校を卒業したら働きに出なさい」と。
 悩める撫子に手を差し伸べたのは、生きている死体であり式神である童女、斧乃木余接。その童女の死体から提示された案とは、自画像を描いて、それを式神にしてアシスタントにする、というものだった。
 結果として4体の式神化には成功したものの、4体とも強力を拒んで逃走してしまう。この事態にさすがの撫子も家を出ざるを得ず、式神を探して町中を東奔西走することに――。


 今作はドタバタ喜劇っぽい展開で楽しく読めましたね。しかし過去の自分と対峙するというのは自分のトラウマというか黒歴史を無理やり見せつけられるという感じで、自分に置き換えればかなりの精神的ダメージがあります。でも、それもまた自分であり、自分だったわけで。なかったことにはできないし、してはいけないんでしょうね。

 ……でもできればなかったことにしたい!

 しかしこの内容。アニメ化したら花澤香菜さん、一人で五役かー。
 っていうかアニメ化できるのか? 百人の裸ブルマ女子中学生ww
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1341-c1181efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad