niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

インフェルノ ヴィジュアル愛蔵版

インフェルノ ヴィジュアル愛蔵版インフェルノ ヴィジュアル愛蔵版
ダン・ブラウン 越前 敏弥

KADOKAWA/角川書店 2015-08-28
売り上げランキング : 124926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 宗教象徴学が専門のロバート・ラングドン教授。目を覚ますとそこは見知らぬ病室だった。入ってきた医師二人との問答や窓の外の光景から、自分が過去二日間の記憶を失っていること、自分が今ハーバード大学があるマサチューセッツ州でもアメリカ合衆国でもなく、イタリアのフィレンツェにいることを理解する。なぜフィレンツェにいるのか、なぜ病室にいるのか、なぜ頭部に怪我を負っているのか、混乱する頭をまとめようとするラングドンだが、突然何者かが病室を訪れ、対応した医師の一人に向かって発砲した!
 もう一人の医師、シエナの先導で命からがら逃げ出したラングドン。彼女の住まいで所持品や衣服をチェックすると、自身の上着に覚えのない隠しポケットの細工がされていて、中から小型プロジェクターが。壁に投影すると、現れたのはダンテの『神曲』の地獄の様相を図像化した、ボッティチェルリの『地獄の見取り図』。しかもその図版は加工されていた。
 追手に追われて逃げ回りつつ謎を追いかける内に、グランドンは全ての謎がダンテの『神曲』またはダンテ関連の美術品を下敷きにしていることに気付く。そして徐々に顕になっていくバイオテロ計画の全貌……!
 果たしてラングドンは全ての謎を解き、計画を防げるのか。美術遺産を巡りながら謎を追うタイムリミットサスペンス!


 値は張るけど、やっぱりヴィジュアル愛蔵版はいいです。図版のおかげで人物の行動や何を見てそう発言しているのか、イメージしやすい。おかげで物語を通常版の何倍も楽しめた。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1335-be0c0fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad