niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

暗殺教室 20

暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社 2016-06-03
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最大難度の障害をクリアし、ついに再会を果たした殺せんせーと生徒たち。同時に漆黒の殺意で身を包んだ、自身の過去の過ちが生み出した、最後にして最凶の暗殺者コンビが殺せんせーの前に現れた!
 E組とはベクトルが真逆の二人の殺意を、殺せんせーはどう受け止め、どう返すのか。
 物語はついにクライマックスを迎え、生徒たちは一足早い卒業を迎える……。



 久しぶりに漫画を読み進む内にボロ泣きした…。
 烏丸先生が「お前」ではなく「殺せんせー」と呼んだ瞬間がスタートの合図、出欠確認が否応なくカウントダウンを想起させる。
 著者渾身の177話は今作だけでなく、これまで刊行された漫画全体で、屈指の感動回だと思った。
スポンサーサイト

テーマ:暗殺教室 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1325-64eb157b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad