niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

「ジャズの巨人」 2016年 4/12号

隔週刊CDつきマガジン 「ジャズの巨人」 2016年 4/12号 チェット・ベイカー [雑誌]隔週刊CDつきマガジン 「ジャズの巨人」 2016年 4/12号 チェット・ベイカー [雑誌]

小学館 2016-03-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


《トリはジャズ界の光と影を擬人化したようなトランペッター。》
 最終巻はチェット・ベイカー。腕は優れていたが麻薬という悪癖を止められず、各地で逮捕されたり追放されたり、ついには前歯を折られてすわ引退か、と思いきやカムバックという、ジャズ界の光と影の歴史を擬人化したようなお人。
 収録曲はいずれも軽快で、体を揺らしたくなるほど聴いていて楽しい。また、彼の演奏の本質が「自然体」だからか、いずれもリラックスして聴ける。リラックスするから自然と体も動いてしまうのだろう。ゆったりしたい時のBGMには最適だ。
 残念なのは収録曲がいずれも50年代のもので、復帰した70年代の曲が収録されていないこと。聴き比べしてみたいから、レンタルビデオ店にでも行きますか。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1317-034306a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad