niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

怪談狩り 四季異聞録

怪談狩り 四季異聞録 (幽BOOKS)怪談狩り 四季異聞録 (幽BOOKS)
中山 市朗

KADOKAWA/角川書店 2015-12-26
売り上げランキング : 98391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 大晦日の夜、商店街で目撃したもの。
 卒業旅行の夜、無理を言って泊めてもらった部屋に現れたのは。
 夏休み、立ち寄った場所で聞いた怪談。
 紅葉が覆う旧道で出くわしたもの。
 年末に秘密裏で行われる高給のアルバイトとは。

 日常と日常の狭間から出現する怪異譚を、季節の移ろいに合わせて語った怪談集。


 季節感を感じられる話に限定したためか、百話ではなく六十六話を収録。人形の話が被ってるのも実話ならでは、というべきか。
「綺麗な梅林」はTVでも紹介されたそうだから、番組を観た、または実際に行った人もいるかも。
「十五日に行きます」は後半の展開が意外過ぎて、唖然となった。
「年末のアルバイト」は生きた人間の恨みつらみが凝縮された光景に、物凄く生々しい恐怖を感じた。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1316-01a5856c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad