niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

「ジャズの巨人」 2016年 3/15号

隔週刊CDつきマガジン 「ジャズの巨人」 2016年 3/15号 ウェイン・ショーター [雑誌]隔週刊CDつきマガジン 「ジャズの巨人」 2016年 3/15号 ウェイン・ショーター [雑誌]

小学館 2016-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


《ウェイン・ショーターは、聴衆を異界へ誘う案内人(ストーカー)》
 バップなジャズの演奏がメリハリのあるリズミカルな降雨なら、ウェイン・ショーターの演奏・作風は流水のよう。切れ目なく流暢に流れる音はメロディアスで、映画かゲームのBGMのようでもある。(どの曲もフェードアウトで終わってるし) BGMとして音楽を聴いている人には受け入れやすい曲調ではないだろうか。
 特に収録曲の『ストーム』はショーターのカラーが全面に出ていてかつ異色、しかし圧倒される。目を閉じて聴き入れば、周囲が一面砂漠の系外惑星にただ一人いるような気分になる。そう、ショーターが愛したSFの一場面のように。
 このSFな部分とマジカルな部分が同時に存在しているかのような曲調は、ホルストの『惑星』にも通じると思うのは考え過ぎか。

 もうすぐこのシリーズも完結だが、裏表紙に第3シーズン開始の告知が。新シーズンではヴォーカルを徹底的に紹介・解説するらしい。
 サッチモにマンハッタントランスファーに美空ひばりと、ラインナップがすごく気になるけど、過去シーズンでもう部屋に置き場所が…。(;_;)
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1313-15f9053e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad