niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

山の不可思議事件簿

山の不可思議事件簿山の不可思議事件簿
上村 信太郎

山と渓谷社 2015-09-30
売り上げランキング : 59050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 数多くの登山経験を持つ著者が、伝説や怪現象、怪談や未確認生物など、更に実体験に実際に起きた事件・事故まで、山に纏わる様々な謎と不思議と出来事を詰め込んだ、正に「事件簿」というタイトルにふさわしい山に関するトリビア本。本書は1991年に刊行されたものに加筆訂正を加えた改訂版。なので今読むと古臭いと思える内容も。
 だがプロでさえも陥るとされる「リングワンデリング(輪型彷徨)」の恐怖や最も多く人を喰らった山が日本にあること、外から聞こえてくる怪音や訪問してくる怪人など、山が好きな人も怪談が好きな人も興味をそそられる内容には違いない。期待し過ぎるとがっかりするかもしれないので、あまり期待せずに読むのが良いのだろう。
スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1309-551b43b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad