niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

百鬼解読

百鬼解読 (講談社文庫)百鬼解読 (講談社文庫)
多田 克己 京極 夏彦

講談社 2006-08-12
売り上げランキング : 468452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 江戸時代の絵師、鳥山石燕が著した妖怪図典『画図百鬼夜行』シリーズ。全十二作のこのシリーズは、誰もが知っている有名所の妖怪に始まり、だんだんとあまり知られていない妖怪やこの図典にしか紹介されていない妖怪が増えていく。
 水木しげるや京極夏彦、そして『妖怪ウオッチ』など、妖怪熱がなかなか覚めない人なら誰でも知ってるこのシリーズ。実は、石燕の遊び心満載の見立絵画集でもあった!
 画図百鬼夜行シリーズの中から、京極夏彦氏の妖怪シリーズ内に掲載された妖怪四十二種を徹底解説した、現在も妖怪専門誌にて連載中の妖怪ガイド。

 なぜ「狂骨(きょうこつ)」は井戸桶から登場しているように描かれているのか。
 「絡新婦(じょろうぐも)」と共に描かれた梅の木の意味とは。
 「塗仏(ぬりぼとけ)」の図像に隠された様々な謎とは。

 キャラクターとしての妖怪も面白いが、民俗学や図像学、社会学から物理学まで様々な方面から観察すると、妖怪の底の深さ、底の知れなさがどんどん見えてくる。妖怪学の入門書の一つとして、初心者にぜひ薦めたい一冊。
スポンサーサイト

テーマ:妖怪&日本の民俗 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1304-6e27566c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad