niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

世界の [宗教と戦争] 講座

<決定版>世界の[宗教と戦争]講座 (徳間文庫)<決定版>世界の[宗教と戦争]講座 (徳間文庫)
井沢元彦

徳間書店 2011-10-07
売り上げランキング : 25187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「水に流す」という考え方は日本だけ!?
 日本以外の仏教は霊の存在を認めていない!?
 パスポートに信じている「宗教」を記入しなければならない理由とは!

 なぜ同じ宗教の中で派閥があり、派閥同士が争うのか。
 なぜ互いに平和を望みながらも争いをやめられないのか。
 なぜ相手をそこまで敵視できるのか。

 我々が世界各地から発信される情報を読み聞きするたびに浮かぶ「なぜ?」を解決する鍵は《宗教》にあった!
 大胆な歴史推理に定評のある井沢元彦氏が、キリスト教やイスラム教、仏教や神道など、日本人に身近な宗教を素人にも解りやすく解説した宗教講座。これを読めば海外でしてはいけないこと、すれば喜ばれることがまるわかり! 加えて日々私達がしている言動・思想がいかに宗教色強いかも教えてくれる。「目に見えない神様なんて信じていない」なんてことを言う人の普段の言動・思想が、実は宗教由来だったなんてこともわかってしまうかも。
 敵を知り己を知れば百戦危うからず。ビジネスだろうが政争だろうが戦争だろうが、敵を知るにも己を知るにも、一番の近道は敵味方それぞれの信仰、宗教を学ぶことである。学生から新社会人まで幅広い人達に薦めたい好著だ。
スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1298-4b53d0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad