niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

暗殺教室 17

暗殺教室 17 (ジャンプコミックス)暗殺教室 17 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社 2015-12-28
売り上げランキング : 83

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「これから皆さんには、殺し合いをしてもらいます」


 E組が先生を助けるか殺すかで分裂状態に。そこで先生が提案した解決案は、チームに分かれての殺し合いだった!
 それぞれが己の意志を明確にし、武器を取り、殺意をたぎらせる。果たしてその結末は。そして渚と業の対立の行方は。

 以下ネタバレ含む感想。


 一番の見所はやはり、渚と業のタイマンだろう。「ねじ伏せてやる!!」のあたりなんか、二人とも怖くてかっこ良くて、尚且つ色っぽい!
 他にも生徒たちが相手をヒットした瞬間は本当に殺したように描いていて、生徒たちの「殺すこと」の技術向上と覚悟を表現しているように思えた。
 そして150話の律があざとすぎる。健全な男子中学生には完璧に目の毒だろ。(笑)
 
スポンサーサイト

テーマ:暗殺教室 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1294-e8972f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad