niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

銀魂―ぎんたま― 61

銀魂―ぎんたま― 61 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 61 (ジャンプコミックス)
空知 英秋

集英社 2015-11-04
売り上げランキング : 52

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 真選組&攘夷志士&万屋同盟、見廻組、奈落と三つ巴の混戦模様の中、地に降り立った最凶の鴉。信女、そして沖田をも圧倒する実力で、朧と共に次々と真選組を、攘夷志士を、そして見廻組を屠っていく。笠と面に隠された、銀時を驚愕させたその素顔とは。
 そして各人が地を這いずりながらも、それぞれの思いを刃に乗せ、剣を振るい続けたその結末は、一人の侍の死と、大義のための苦渋の選択だった……。

 以下ネタバレ含む感想。


 銀魂って、こんなに感動するアクション巨編だったっけ。今放送しているアニメがギャグ回だから感じるギャップが大きすぎる。 ――いや。

 アニメがギャグ回だからこそ、そのギャップで感動が増すのか。

 佐々木の最期、そして涙ではなく笑って見送る万屋に見送られる真選組と、二つも泣き落とし所があって、前者でこらえても後者で我慢しきれなかった。アレは上手いけどズルいよ。

 真選組が一時退場し、メインは江戸に残った万屋&攘夷志士に。新政府、そして奈落はどう仕掛けてくるのか。
 あとドーナツ屋のロゴが「マスタードーナツ」から「三栖堂」に。なんかあったの?
スポンサーサイト

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1274-9524fe91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad