niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

墨東地霊散歩

墨東地霊散歩墨東地霊散歩
加門七海

青土社 2015-07-27
売り上げランキング : 13317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 四谷怪談の"四谷"は東京スカイツリーの真下だった!?
 隅田川から牛鬼が現れたことがあった!?
 向島百花園ができる前、そこには怨霊が棲む屋敷があった!?

 生まれも育ちも東京は下町の著者が、資料を掘ったり人から聞いたりして集めた墨東(墨田区・江東区)の歴史を綴ったエッセイ集。直に聞いた話や実際に歩いて感じたことが多く書かれているために、読む内に著者の熱も伝わってくるような、とても暖かみを感じる本になっている。
 古典や怪談や伝説の舞台を楽しむ一方、火事や震災や空襲の話はとても生々しく、かといって読み飛ばす気にもなれず、ドラマやアニメでは絶対に表現できない当時の模様を苦味を覚えながらじっくりと読んだ。

 どの土地でも実と虚、生と死、陰と陽、聖と俗、そして住人の様々な思いが混ざり合って歴史は構成される。本を片手に名所を訪れ、「今はこうだけど昔は…」と夢想するのも、墨東の楽しみ方の一つだろう。無期限の休みを貰えたらやってみたい。
スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1241-604b10bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad