niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

鬼談百景

鬼談百景 (角川文庫)鬼談百景 (角川文庫)
小野 不由美

KADOKAWA/角川書店 2015-07-25
売り上げランキング : 1008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『残穢』に登場する"私"の元に寄せられた投書を元に、九十九話の怪談を綴った怪談集。その中には『残穢』の内容に関わる怪談も複数あり、『残穢』を百話目に換算すれば、二冊を読み終えることで初めて"百物語"が完成するという流れになっている。先に本書を読んで百話目として『残穢』を読むのもいいし、逆に『残穢』から読んでどの話が『残穢』の内容に関わりがあるのか想像しながら本書を読むのもいい。
 単体で読んだ場合、猫に纏わる話がいずれも自己主張が激しい一方、恐怖ではなく優しさがあって良い怪談だった。逆に「続きをしよう」という話は、何もないのにも関わらず、読む進む内に言葉にできない不安と恐怖がじわじわと寄ってくる感があって、恐怖怪談として秀作だった。

 余談だが、「足音」に登場する芸能人のテープは知る人ぞ知る有名なテープで、後にCDにもなっている。ご興味あれば中古で探してみてはいかがだろうか。『秋の夜長』が「有名な話」で『木枯らし吹く夜』が「オムニバス」だ。

秋の夜長のこわ~いお話秋の夜長のこわ~いお話
稲川淳二

ビクターエンタテインメント 1993-09-22
売り上げランキング : 174287

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


木枯し吹く夜のこわ~いお話木枯し吹く夜のこわ~いお話
稲川淳二

ビクターエンタテインメント 1993-09-22
売り上げランキング : 69739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ:奇妙な物語 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1238-2ea2c950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad