niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ターミネーター

ターミネーター [DVD]ターミネーター [DVD]
ジェームズ・キャメロン

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント 2003-11-21
売り上げランキング : 60897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 舞台は1984年のロサンゼルス。ある日、サラ・コナーは友人から自分が殺されたという連絡を受けて驚くが、被害者は同姓同名の別人だった。しかし同姓同名の人物が他にも殺されており、ついに殺人犯はサラ本人の前にも現れる。
 殺人犯が彼女に銃口を向けた直後、別の男が殺人犯を撃って彼女を助けたが、彼――カイルは「自分は君を守るため、未来からやってきた。あいつは人間じゃなく、君を殺すために未来から送り込まれたロボットだ」というにわかには信じ難いことを口にし、サラは彼にも不信感を抱く。
 一度は殺人犯からの追跡から逃れられたものの警察に捕まり、サラは保護されたがカイルは尋問を受けることに。そしてサラを追跡する殺人犯は警察署へ。
 サラ・コナーが狙われる理由とは。カイルはサラを守りきれるのか。


 伝説の始まり。一作目はSF要素やアクション要素よりも、「不死身の殺人鬼にわけもわからず襲われる」という恐怖感、ホラー要素が強い。
 終盤においても、双方に問題が生じることで動きがゆっくりながらもゾンビから逃げているような焦燥感が強く、中だるみを感じさせない。
 後作から遡って観てみようかな、と考えている人へ。観る時は後作との繋がりは一旦忘れて、単品として観てほしい。その方が、この映画を純粋に楽しめる。
スポンサーサイト

テーマ:SF映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1236-e8a5450b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad