niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

クラシックプレミアム 2015年 8/18号

CD付マガジンクラシックプレミアム(42) 2015年 8/18 号 [雑誌]CD付マガジンクラシックプレミアム(42) 2015年 8/18 号 [雑誌]

小学館 2015-08-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


《彼は己の内にある矛盾や葛藤を表現し切ろうと試み続けたのか。》
 マーラーの交響曲第5番。過去に聴いたのは第3部第4楽章、しかも抜粋で、通しで聴くのはこれが初めて。静と動、遅と速、哀と楽が同居するという矛盾を孕みつつ、しかしそれが不協和音にならないよう、緻密に構成されている。
 しかしそのせいだろうか、なぜか感動できない、心に響かないのだ。
 解説には「パロディー」という単号が散見している。それを踏まえると、心中に様々な矛盾や葛藤を内包しているマーラーは、意識的にか無意識的にか、「音楽は人を感動させるべきもの」という一般常識を茶化そうとしたのではないか。そんな妄想が浮かんできてしまった。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1234-c3ec9a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad