niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ゼイリブ

ゼイリブ [DVD]ゼイリブ [DVD]
レイ・ネルソン

パイオニアLDC 2003-02-21
売り上げランキング : 30432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 流れ着いたとある街で働くことになった流れ者のナダ。
 ある日、教会に警官隊が突入し、集まっていた人々を捕まえていく。偶々その場にいたものの警官の手から逃げおおせたネダは、教会にあった大量のサングラスから一つをくすねると、街中でかけてみた。すると何気なかったビルの看板、雑誌の記事、テレビから流れる映像などが消費や服従を命令する強烈なメッセージへと化けたのだ! 持っていた紙幣は「THIS IS YOUR GOD」(これはお前たちの神だ)というメッセージに。更に、行き交う人々の中に不気味な顔をした化物が!
 最初は混乱するナダだったがすぐに気付いた。「俺達は操られていた!」
 激情にかられて行動を起こすナダは、はたして真実を公にすることができるのか。
 消費社会、マスメディア、シビリアンコントロールとプロパガンダを痛烈に風刺したSFホラー。

 以下、少々ネタバレしながらの感想。



 陰謀論大好きな人にオススメな、何年経っても決して古びない作品。
 サングラスで明かされたメッセージは企業のPRやCMを極端化したもので、手段は特殊だけどやってることはこれまでと変わっていない。
 でもシビリアンコントロールやプロパガンダといった広告戦術に無知な人は今も少なからずいるわけで。
 経済に詳しい人と観ると、色々な見方ができて面白いかも。

 原子力発電所の"安価神話"や"安全神話"。あれらもプロパガンダの一種だった。
 プロパガンダ、つまり広告戦術には悪い面があれば良い面もある。だから普通に使う分には何ら問題はない。
 だが嘘はつくな。ついた嘘はいずれ必ずバレる。
 そして我々は広告戦術があることを理解しつつ、それらを常に考え続けることが求められる。
 「あの政府が、あの企業が、あの上司が、あの宗教者が、そしてあの人が言っていることは本当に正しいのか」と。
スポンサーサイト

テーマ:SF映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1230-22115d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad