FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

オバマアイコンを表示するウイルス発生――小学生に作成の疑い

オバマアイコンを表示するウイルス発生――小学生に作成の疑い

米国の小学校で「オバマワーム」という名称のマルウェアが見つかり、ちょっとした騒ぎになっている。セキュリティ企業のTrend MicroやThompson Securityがブログで伝えた。

 ここで注意したいのは、厳密には「ウィルス」ではなく「ワーム」であること。違いはウィルスが「PC内にあるファイルに感染して媒体にすることで増殖する」のに対し、ワームは「本体そのものに増殖を促すプログラムが仕込まれているために自己増殖が可能」であること。
 肝心なのは、極論してしまえばどちらもただの「プログラム」なのであり、オリジナルの入手に成功すれば、コンピューターのプログラミングの基礎がある人ならば誰でも、たとえ小学生であってもソースコードを解析してそれをサンプルにして、様々な亜種を作成することが可能だということなのだ。

 今回のワームは一種のジョークソフトだったようだが、これが悪意のあるものだったなら……。
 インターネット・イントラネットに関わらず、やはりコンピューターのある所にはウィルス対策は欠かせない。

 最後に、悪意のあるソフトは誰でも簡単に作成できてしまうんだよ、ということで本を紹介。

コンピュータウイルス製造マニュアル (危ない28号)コンピュータウイルス製造マニュアル (危ない28号)
(1999/07)
ウイルスを作る会

商品詳細を見る

最新コンピュータウイルス製造マニュアル最新コンピュータウイルス製造マニュアル
(2001/07)
ウイルスを作る会

商品詳細を見る

コンピュータウイルス製造ハンドブックコンピュータウイルス製造ハンドブック
(2002/06)
CORD BLACK

商品詳細を見る

スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/123-1fbf861b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)