niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

武器人間

武器人間 [DVD]武器人間 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2014-07-02
売り上げランキング : 67014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 時は1945年、第二次世界大戦末期。ドイツの占領地域に足を踏み入れたソ連の偵察部隊が、味方からの無線を受信して救援に向かうことに。
 時折異様な体をした死体を目にしながら目的地に近づいていく内に、やがて部隊は古い教会を発見する。中はまるで工場のような改造を施されており、奥には不気味な格好をした死体があった……。

 以下、少々ネタバレ気味な感想。


 自称フランケンシュタイン博士の末裔が作り上げた改造人間兵器とソ連兵との攻防を描いた悪趣味なホラー……だと思う。公式サイトの「武器人間図鑑」を見た時、子供の頃に仮面ライダーの「怪人図鑑」を読んだ時と同じような妙な高揚感があっただけに、本編での改造人間の格好悪さ――もとい、博士の思いつきだけで作り上げられた兵器たちの哀れさが引き立ってしょうがなかった。あ、"モスキート"は唯一本編でもカッコ良かったなぁ。
 ゴア描写に耐性があるなら、ツッコミを入れながら何も考えずに観れるバカホラーなんじゃないかな。

 蛇足ですが、某レンタルビデオ店でホラーのコーナーを探しても見つからず、他の映画でも観ようかと棚を物色していたら、アクションのコーナーにこの作品がありました。 (・_・;)えー……、これのどこがアクションなの……。
スポンサーサイト

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1229-b3d7986d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad