niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

クラシックプレミアム 2015年 8/4 号

CD付マガジンクラシックプレミアム(41) 2015年 8/4 号 [雑誌]CD付マガジンクラシックプレミアム(41) 2015年 8/4 号 [雑誌]

小学館 2015-07-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


《原著を実際に読んでから聴くと、より感動が深まるかも。》
 今号はリヒャルト・シュトラウス。収録曲は『ツァラトゥストラ』と『オイレンシュピーゲル』と『ドン・ファン』。いずれも通しで聴くのは初めて、『ツァラトゥストラ』は某SF映画のオープニングでお馴染みの序奏しか聴いたことがなく、『ドン・ファン』は抜粋でしか聴いたことがなかった。
 解説には『ツァラトゥストラ』は「読後の感動の音楽化」とあるので、原著を実際に読んでから聴くと、より感動が深まるかも。いずれ読んでみようかな。
 また「切れ目なしに演奏される」とあるが、実際に聴くと曲間で不自然な切れ目が生じていて、しかもその切れ目がクレバス(深い割れ目)のように感じられ、トラックが変わる度に魂がクレバスに落ち込む感じがして心地悪かった。これがCDやLP上の問題なら、確かな感動を得るためにはコンサートに行くしかないのかしらん…?
 だが始まりの興奮と終わりの余韻は、何度聴いても良いものだ。
 そして『オイレンシュピーゲル』と『ドン・ファン』はいずれも物語性に富んでいて、通しで聴くことでその良さが初めて実感できた、と思う。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1228-f1547f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad