niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

クラシックプレミアム 2015年 3/31 号


CD付マガジンクラシックプレミアム 2015年 3/31 号 [雑誌]CD付マガジンクラシックプレミアム 2015年 3/31 号 [雑誌]
(2015/03/17)
不明

商品詳細を見る


《バロック音楽はコンサート会場よりも個室が合うかも?》
 「特権階級のための音楽」というイメージから「モーツァルトやベートーヴェンよりも馴染み難いかも…」と思いきや、これがとても素人の耳にもよく馴染む。これはコンサート・ホールがまだ存在せず、館の大広間や一室など、比較的狭い場所が主な演奏の舞台だったからだろうか。
 バロック音楽は案外、一人部屋や居間などで聴くのに適しているかもしれない。
 あと8bit音楽で青春を過ごしたFC世代にもぜひ薦めたい。牽強付会でしょうが、チェンバロの特徴にそこはかとなく8bitに通ずるものを感じるんですよ。


1.《テ・デウム》
 解説にもある通り「いつか何処かで聴いたことがある曲」。でも「いつか何処か」が全くわからない。

2.《カノン》
 時々聞こえるスタッカートが雨天時の雨だれのように、味を引き立てるスパイスのように曲を見事に盛り上げている。
 何か物足りなさを感じる《カノン》は、このスタッカートがないからかも。

4.《恋の夜鳴きうぐいす》
 聴き比べてみると、確かに鳥の鳴き声の特徴と曲調が似ている……かな?
 ぜひ動画投稿サイトにて鳴き声を聴いてみてほしい。

5.〈めんどり〉
 ああ、これは確かに〈めんどり〉だわ。(^^) 《夜鳴きうぐいす》よりは判り易い。

20.〈ハレルヤ・コーラス〉
 アーノンクール指揮による、信者でなくとも神聖さを感じると共に気分が高揚してくる名曲。
 しかし、なんでこれだけ歌詞対訳がないんだろう?
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1171-23f72771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad