niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

なるほどよくわかる波のサイエンス


なるほどよくわかる波のサイエンス―音,光・電磁波,地震波… (ニュートンムック Newton別冊)なるほどよくわかる波のサイエンス―音,光・電磁波,地震波… (ニュートンムック Newton別冊)
(2009/11)
不明

商品詳細を見る


 音も、光も、そして全ての物質・現象を形成する大元である素粒子まで、その性質は「波動」、“波”の動きだった!?
 感じることができる波から感じることができない波まで、身の回りにあふれるほど存在する“波”のあれこれを易しく解説。
 これを読めば、世界の見方が変わるかも?


 こんな実験をした。
 スピーカーの前に水道水を入れたコップを置き、スピーカーから一定の音波を流して十分ほど放置する。そしてその水を飲んでみるのだ。
 蛇口から注いですぐの水、音波Aを浴びせた水、音波Bを浴びせた水、と三種類の水を飲み比べてみた。
 結果、高めの周波数にした音波Aを浴びた水は、重く硬めの口当たりになったのに対し、比較的低めの周波数にした音波Bを浴びた水は、軽く優しい口当たりになった。
 このような結果が生じるのだから、構成要素の凡そ2/3が水分である人体が音波に左右されないはずがない。実際、十分ほどとはいえ、実験のために音波Aが流れ続ける環境に身を置いた私の場合、七日目ぐらいから漠然とした心身のだるさを感じてきたのだ。高い周波数(キンキン声とか)を浴びせられ続けることは、心身に不調をきたす原因の一つになっているかもしれない。

 また、電磁波(光・電波)は電子の振動によって発生し、他の電子を揺り動かす(影響を与える)波だ。電磁波が人体にどのような影響を及ぼすのか、まだよくわかっていないだけであって、影響を与えていないわけではないのだ。実際、最近に「青色の光に殺虫効果があった」「強い青色光が眼の細胞を傷つける」という記事が科学雑誌に掲載されている。
 特に携帯電話の電波の波長は音波の波長領域と重なっているので、音波と似たような影響を携帯電話用の電波は与えることができる、と考えられないだろうか。携帯電話やスマートフォンは直に耳につけるよりも、イヤフォンを使用した方が受ける影響を抑えられるかもしれない。
 ディストピア的な想像だが、いずれはどのような音楽(音波)や映像(光)が人間の心身に良い影響・悪い影響を与えるのか解明され、悪い影響を与えると認定された音楽や映像は排除されるかも――ああ、妄想がどんどん膨らむ!

 そして、人間を含む全ての生物、物質、現象もまた音波(声)や電磁波(赤外線等)を放っている。波に干渉されている、ということは「影響を受ける」ということだ。
 多種多様な“波”が氾濫している現代において、悪影響を及ぼす波を避けるというのは至難の業、そもそも何が悪影響を及ぼす波なのかすら不明確だが、「波による影響」という認識がしっかりしていれば、悪影響を及ぼす恐れがあるものを自然と避ける生活になるのではないだろうか。

 波は単純だが、奥が深くて常に好奇心を刺激する。全ての人が“波”に興味を持つことを望む。
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1160-d4a02fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad