niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

JAZZ100年 2/17号


ビッグ・バンドはジャズの華:ジャンピン・アット・ウッドサイド (JAZZ100年 2/17号)ビッグ・バンドはジャズの華:ジャンピン・アット・ウッドサイド (JAZZ100年 2/17号)
(2015/02/03)
不明

商品詳細を見る


《大編成だろうが小編成だろうが、“聴き所”に違いはない。》
 今号のテーマは「ビッグ・バンド」。『スウィング・ガールズ』でジャズを聴き始めた人、または部活動・サークル活動でバンド演奏に参加している学生さんは「おっ」と思うのではないだろうか。
 ビッグ・バンドは個性が解りやすいので、まだジャズのスタイルがよく解っていない初心者向けかも。
 ちなみに私はコンボだろうがビッグだろうが、「いいものはいい」と思うのだが、一方に偏っている人の意見をぜひ伺ってみたいものだ。
 リーダーを指揮者に置き換えればオーケストラに通ずるものがあるとも思えるので、『クラシック プレミアム』を購読している方は、ぜひ今号に浮気してみてほしい。(笑)


1.ザ・ピーナッツ・ウェンダー/デューク・エリントン
 軽快で聴きやすい。そしてどうしても昭和時代前半、またはディズニーの短編集を想像してしまう。(笑)

2.ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド/カウント・ベイシー
 明快なほどにスインギー。これ以上の言葉は無粋と思えるほどに。

3.チュニジアの夜/ディジー・ガレスピー
 これまでの既刊で聴かせてもらった、各プレーヤーによる様々な『チュニジアの夜』。
 ビッグ・バンド版は単に数の迫力だけでなく複数名によるソロ・プレイもあるので、こちらもなかなか聴き応えあり。

4.ブルーポート/ジェリー・マリガン
 マリガンがリーダー。だからこその、ウェスト・コースト風味全開の演奏。
 しかし全体が立て板に水を流したようにきれいな流れで聴き応えがちっとも弱くない。これがリーダーであるマリガンの個性なのか。

5.ワンス・アラウンド/サド・ジョーンズ&メル・ルイス
 これまで紹介されたバンドの演奏とは明らかに異なったテイストのある曲。その軽快かつ洗練されたサウンドは、その軽快さ故に敬遠する人もいるだろう。
 だがこのモダンな感じは決して悪いものではない。あえて例えるなら「ジェネレーションギャップ」のようなものだと私は思う。

6.ノルウェイの森/バディ・リッチ
 あのビートルズのナンバーをジャズにアレンジ。当時としてはかなり珍しい成功例だったのではないかな。
 惜しむらくは私自身がビートルズを聴いたことがないこと。後日、レンタルビデオ店に行ってこようかな。
 ちなみに現代では、ゲーム音楽のジャズアレンジは珍しくないみたいで、大手の動画投稿サイトで時々観たことがある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1151-79dec4af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad