niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

クラシック プレミアム 2015年 2/17 号


クラシック プレミアム 2015年 2/17 号 [雑誌]クラシック プレミアム 2015年 2/17 号 [雑誌]
(2015/02/03)
不明

商品詳細を見る


《二十年余りの歳月を費やして組み立てられた交響曲》
 作曲のこだわりかたの特徴として“自己批判的”が筆頭に挙げられるブラームス。
 悩み苦しみ考え抜いた結果生まれたこの交響曲は、故意かどうかはさておき、正に「これまでのブラームスの人生そのものを表現している」と言っていいかもしれない。
 聴く時は、その前に今号の『作曲家の足跡』を読み込んでおくことを提案する。

 2号に渡って論ぜられた「指揮者」をテーマにした小論。指揮者をトップに、プレーヤーを部下に見立てれば、成程、組織論に通ずるものがある。
 蛇足だが、この小論を読んだら某学園漫画の理事長を連想した。結構共通項が多いのよ。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1150-ca8df053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad