niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

JAZZ100年 12/23号


ホットな楽器、クールな楽器:スイート・ジョージア・ブラウン (JAZZ100年 12/23号)ホットな楽器、クールな楽器:スイート・ジョージア・ブラウン (JAZZ100年 12/23号)
(2014/12/09)
不明

商品詳細を見る


《その日の気分によって聴きたい曲の選び方とは?》
 曲や演者にホット/クールの特徴があるように、楽器にもホット/クールの特徴がある。
 曲、演者、楽器、それぞれの「ホット/クールの組み合わせ」という考え方は、曲選びに迷った時、きっと参考になるだろう。


①スイート・ジョージア・ブラウン/ジミー・スミス/19560804
 リズミカルでソウルフルでホットな、熱気に満ちた「蒸気機関車」のような曲。
 初めて聴いたハモンドオルガンの電子的な音に、始まった瞬間「え、テクノ?」と思ってしまった。(笑)

②ユーア・マイ・スリル/ペッパー・アダムス/19580415
 じんわりと響き、心に熱を与えてくれる、ペッパーが演奏するこの曲は冬の時期におあつらえ向き。
 聴いているとストーブとウィスキーが欲しくなる。

③インナー・アージ/ジョー・ヘンダーソン/19641130
 前の二曲と比べると、ちょっと熱量が足りないかな? 火照り過ぎた熱気を少し下げたい時にはもってこいか。

④ネイチャー・ボーイ/バド・シャンク/19560125
 春季、桜花が舞う夜。身体が小汗をかく程に温まっているが、コートや上着を脱ぐ気にはなれない。
 少し体を冷やしたいな、と思っている時に聴くにはうってつけ。心地よく心を涼やかにさせてくれる曲だ。

⑤処女航海/ボビー・ハッチャーソン/19660208
 ボビーが奏すヴァイブラフォンの音色が、航海中に船が飛ばす海飛沫のよう。
 聴いたらきっと涼やかな気分になる、夏の熱さを和らげたい時に聴きたい曲。

⑥イン・ラヴ・イン・ヴェイン/ビル・エヴァンス/19620602
 その冷たさは木枯らしのような厳しい冷気ではなく、程良い優しさのある秋風のようなもの。
 晩秋の枯れ葉を見ながら、哀愁に満ちたクールな気分に浸りたい時に聴きたい。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1126-befc38a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad