niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬


薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 よく効く! 得する! 市販薬早わかりガイド薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 よく効く! 得する! 市販薬早わかりガイド
(2014/07/17)
中川基

商品詳細を見る


①一番安い商品
②「特価セール中」を謳っている商品
③以前からずっと使い続けている商品
④CMで印象に残った商品



 スーパーやドラッグストアには、数多くの市販薬や生活用品が置いてあります。正直どれを買っていいやらわからず、上記のいずれかで判断して購入している人が多いのではないでしょうか。
 しかし、「衝動買いの銭失い」や「アレルギー体質」など、消費者も賢くならざるを得ない現代において、そのような買い方はもう時代遅れです。「品名」「品質表示」「成分表示」によく目を通し、体質や症状、用途に合った商品を、消費者自身が正しく選択して購入することが、現代での正しく賢い買い物なのです。

 誤って症状に合わない市販薬を服用すれば、回復が望めないどころか副作用で苦しむこともあります。
 誤って体質に合わないシャンプーを使用すれば、髪質が悪化したり肌荒れが進行したりすることもあります。
 誤った方法で除菌グッズを乱用すれば、かえって体調がおかしくなることもあります。

 この本は、最新の化学情報や実際に使用した結果を元に、有効成分の解りやすい解説から始まり、市販薬や生活用品、化粧品やサプリメントの正しく賢い選び方が書かれています。
 ただし、この内容を鵜呑みにして、早速買いに行こうとはしない方がいいでしょう。ここに書いてあることが本当に正しいのか、きちんと確認する必要があります。良くも悪くも買い物の参考にはなるでしょう。

 化学を含む科学の世界は日進月歩の勢いで変化していきます。昨日の常識が明日の非常識、となることもあるでしょう。いずれ、この本に書かれている商品は陳列棚からなくなり、書かれている内容も大間違い、または時代遅れとされるかもしれません。
 だからこそ、正しく賢い買い物をし続けるために、私達消費者は常に最新の情報を学び続ける必要があるのです。
 もちろん情報の鵜呑みはいけませんが。


※目次
・市販薬、それ、ホントに効いてます?
・生活用品ベストバイはどれ?
・女性必読、損をしない化粧品・サプリの選び方
・男性必読、男性のための体質ケア解説
・あなたと家族を守る常備薬のオススメ

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1123-5a486371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad