niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

アタック・ザ・ブロック


アタック・ザ・ブロック [DVD]アタック・ザ・ブロック [DVD]
(2012/12/21)
ジョン・ボヤーガ、ジョディ・ウィッテカー 他

商品詳細を見る

 舞台はイギリスの公営団地。強盗帰りのモーゼス率いる悪ガキ一味のそばに停めてあった車の上に何かが落下、車を中破させる。金目の物をかっぱらおうと車に潜り込むモーゼスだが、中にいたのは不気味な怪物!
 ナイフで反撃し、逃げた怪物を殺し、死体を引きずって意気揚々と帰宅するモーゼスとその一味だったが、窓から目撃したのは次々と団地に飛来してくる怪物たち!
 「ここはオレたちのシマだ!」と打って出た悪ガキ一味と怪物たちとの死闘を描いたモンスター・アクション映画。

 以下、少々ネタバレ含む感想。


 実は仲間や団地の人間に対しては情や義に厚く、強盗や違法薬物の売買をしていたのは子供が独りで日々を生きるためだった。そういう事実が段階的に判明していく内に、モーゼスの印象が「悪ガキを率いるただのボス猿」から「仁義をわかっているアウトロー」に変化、だからこそ、終盤のモーゼスの犠牲的行動とラストの住人たちのコールが違和感なく受け入れられた。
 設定が設定なだけにB級感は否めないが、アクション映画のお約束の内、主役グループを大人から悪ガキに、舞台を某所からイギリスの団地に変えただけ、と考えると、ちゃんとしたアクション映画だった。
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1115-815a03f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad