niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

掟上今日子の備忘録


掟上今日子の備忘録掟上今日子の備忘録
(2014/10/15)
西尾 維新、VOFAN 他

商品詳細を見る


 僕は厄介事――じゃない、僕は厄介者――でもない、僕の名前は厄介(やくすけ)。何の因果か、事件に巻き込まれては必ず筆頭の容疑者にされる運命にある。物心ついてから大人になるまで、大小問わず巻き込まれた事件は数知れず、容疑者にされた回数も数知れず。
 今回起きたのは職場でのデータ盗難事件。例によって容疑者扱いされた僕に言えたのはこれだけだった。

「探偵を呼ばせてください!」


 僕が呼んだ探偵は、掟上今日子。優秀でも有名でもないが、事件を表沙汰にしたくない、機密情報や個人の秘密を守りたい時にはうってつけの探偵だ。なぜなら彼女は、一度寝てしまえば起きていた時のことを全て忘れてしまうのだから――。

 一度眠ると起きていた時のことを全て忘れる“忘却探偵”と事件誘引体質の“僕”によるライトミステリー。


 奇抜な世界観やキャラは登場せず、言葉遊びも殆どなく、比較的軽めの謎が現れてそれが解決される、読みやすい作品でした。長年のファンからすれば物足りないかもしれませんが、「多くの著書を出している西尾維新。初めて読むなら何がいいか?」と問われたら、これを薦めるであろう、軽い内容となっております。
 健忘症の持ち主である今日子さんには“今日”――今起きているこの時しかない。一方作者は対談で、“今日”――今この時しか書けないものがある、と語っています。この本と対談集を併せて読むと、「“今日”――今しかない」ということに対し、色々深読みできるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1110-1bc3b928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad