niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

CLASSIC PREMIUM 2014年 11/11号


隔週刊 CLASSIC PREMIUM (クラシックプレミアム) 2014年 11/11号 [分冊百科]隔週刊 CLASSIC PREMIUM (クラシックプレミアム) 2014年 11/11号 [分冊百科]
(2014/10/28)
不明

商品詳細を見る


《ロマン派の音楽はファンタジック。》

 自由や、優しさや、美しさといった、良き面を理想化したような曲調。現実の厭な面から逃避したい時に聴きたくなる。
 メンデルスゾーンの協奏曲は、躁の曲調と鬱の曲調を織り交ぜた、見事な織物のようだった。
 シューマンの協奏曲は、解説に書かれた通りの音楽だった。一人でも強い個性がある俳優が多数揃って、一つの劇を作り上げているようなイメージ、即ち「個々の部分がそれ自体で独立していながら全体にも関与している。」
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1104-ad18b2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad