niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

奇偶


奇偶奇偶
(2002/10)
山口 雅也

商品詳細を見る


「どんな内容なんだ?」
「一種の推理小説仕立てになっている。奇妙な連続死は出てくるし、犯人探しの推理も出てくる。だがこれは、通常の推理小説とは、かなり違った感触を与える作品だよ」
「どこが特異なんだ?」
「連続する人の死に絡めて、偶然事象が頻発する――というような不可解な出来事が描かれていて、登場人物たちが、事件そっちのけで、蜿蜒と抽象的な議論を交わすんだ。《偶然》を俎上に載せて、あらゆる分野からの見当がなされる。背景と前景がまったく転倒していて、犯人が誰かということよりも、もっぱら、《偶然》というテーマの追求に血道を上げているようなのだ。いかようにも読める小説と言うか――」
「――で、その大作の結末はどうなっているんだい?」


-----*システムがビジー状態になっています。-----

 徹頭徹尾、《偶然》のタブーに挑戦したメタフィクショナルな小説。
 あなたがこのレヴューを読む気になったのは、間違いなく《偶然》だろう。その《偶然》に、意味の有無を考えたことはあるだろうか。
 このサイトに来たのが《偶然》なら、ブラウザを開いたのも《偶然》。コンピュータを起動させたのも《偶然》なら、今起きているのも《偶然》だ。
 どの《偶然》に意味があり、どの《偶然》に意味がないのか。
 暇ができた時、この小説で《偶然》の迷宮を楽しんでみてはいかがだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1102-63364084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad