niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

JAZZ100年 11/11号


命を燃やすジャズ・ライヴ:ファイヤー・ワルツ (JAZZ100年 11/11号)命を燃やすジャズ・ライヴ:ファイヤー・ワルツ (JAZZ100年 11/11号)
(2014/10/28)
不明

商品詳細を見る


《ライヴの良さ。それは、観衆に観られることでプレーヤーの熱意や個性が増すこと。》

①イントロダクション~マイ・ガール・シャール/ドナルド・バード/19601111
 ライブ録音だからこその演者の熱意と張り切りぶりが、演奏から伝わってくる。特にドラム。

②ファイヤー・ワルツ/エリック・ドルフィー/19610716
 異様、の一言に尽きる。聴衆を出口の分からない迷宮、または都会の薄暗がりの中へ案内するかのような、落ち着かない気分にさせる曲。
 だが乾いた感じで軽快な演奏ゆえ、決して不快ではない。主人公が都会の中を彷徨いながら逃避行する場面をイメージするとしっくりするかも。

③チュニジアの夜/ソニー・ロリンズ/19571103
 ロリンズの演奏だけでなく、「ヴァン・ゲルダー録音」という録音技術も堪能できる曲。
 ジャズの楽しさを学ぶためにCDやLPを探すなら「録音方法」も選択肢に含むべき。そう思わせる。

④ナーディス/ビル・エヴァンス/19680615
 中盤のドラムスが、終盤のエヴァンスの演奏を引き立たせて、より聴き応えのあるものにしている。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1100-84a18870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad