niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ヴァギナの文化史


ヴァギナの文化史ヴァギナの文化史
(2005/05)
イェルト ドレント

商品詳細を見る


 ほとんどの女性に月経が逆行する現象が起こり、それが原因で病気になることがある?
 ヴァイブレーターの最初の用途は“ヒステリー治療”だった?
 世界各地に「歯が生えたヴァギナ」の伝説がある?
 
 解剖学・生理学方面の解説から始まり、特有の病気、人的加工、崇拝と嫌悪の歴史、はてはオルガスムや生殖行為を巡る悲喜劇まで、女性器にまつわる古今東西の情報を広く浅く掲載。
 多少の差はあれど、性別を問わず誰もが興味があり、悩みがあり、しかし他人にはなかなか訊けないヴァギナの話。
 女性が読めば、セルフチェックやセックス・トラブルの話は現在起きている、またはこれから起きるであろう問題への助けになるだろうし、まだ男性と付き合ったことがない女性には、男性がヴァギナに対してどのようなものを抱いているかを理解する上で参考になり、相手を先導する上で役に立つはずだ。
 また、これは男性も読むべきだ。成人向けのヴィデオやマンガでは決してわからない触覚、味覚、嗅覚に纏わる話や相手を労る愛し方まで、誤って覚えた方法や知識で事に臨むよりも、こういう本でしっかりと学んだほうがいいだろう。
 モザイクやぼかしが一切なく、親によっては「こういう書籍は子供に読ませたくない」と考える人もいるだろう。だが性に関する情報を内容を問わず一切合切隠すことが、少年少女の精神の成長にプラスになるとは私は思わない。限定こそすれ、健全であれば多少露骨な内容でも公開すべきだ。この本のように。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1095-409d2f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad