niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

CLASSIC PREMIUM 2014年 7/8号


隔週刊 CLASSIC PREMIUM (クラシックプレミアム) 2014年 7/8号 [分冊百科]隔週刊 CLASSIC PREMIUM (クラシックプレミアム) 2014年 7/8号 [分冊百科]
(2014/06/24)
不明

商品詳細を見る


交響曲第4番:
寂寥感を醸し出す出だしで始まり、次々に様々な音楽技法が展開される。
まるで、老人が波瀾万丈だったが充実した人生を回想しているような曲だ。
解説にもある通り、これまでに培われてきた音楽技法を用いて演奏されるこの曲。
ブラームスが、音楽に対する懐古と畏敬の念を凝縮し、
音楽として表現しようと試みた結果がこの曲だと感じるのは、私だけだろうか。

悲劇的序曲:
聴いている内に、愛する者を喪った主人公が復讐のために行動するイメージが浮かんだ。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1084-f29b41da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad