niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

JAZZ100年 7/22号


ジャズ史1ジャズ誕生からスイングまで:シング、シング、シング (JAZZ100年 7/22号)ジャズ史1ジャズ誕生からスイングまで:シング、シング、シング (JAZZ100年 7/22号)
(2014/07/08)
不明

商品詳細を見る


 ジャズ史①。「次世代に影響を与えた曲」って誰もが聴いたことがある有名なものばかりだ。


 聖者の行進:「明るい葬式」という感じ。ルイの曲って基本的に、最後に必ず歓声が入るのね。
 ハロー・ドーリー:一度聴いて途中で涙が溢れた。二度目でも涙腺を刺激された。なんて曲だ。人生のエンドロールに流したい曲1位になった。
 ロッキン・イン・リズム:サイレントコメディのBGMっぽい。
 A列車で行こう:超有名! 解説でA列車が「地下鉄」を指している事を初めて知った。デューク・エリントンの作曲って、BGM向きなのかな?
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/1067-db28107b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad